スマートミールのベースになるMAKFA製品は?

このブラウザでは、サイトが正しく表示されない場合がございます。ブラウザを更新してください。

Chrome Safari Firefox Opera Explorer

スマートミールのベースになるMAKFA製品は?

硬質小麦のパスタ

硬質小麦(「デュラム」)は、麩質(グルテンタンパク質)が多いことからそのように呼ばれています。これがMAKFAブランドパスタ類の素材です。硬質小麦を使っているからグルテンを豊富に含み、食事の消化吸収はゆっくりとなり、でんぷんからできるグルコースは腸で徐々に吸収され、血糖値をより長い時間維持することができます硬質小麦の食品は、軟質小麦の食品よりGI値が低いからです。地中海式ダイエットピラミッドでは、パスタは毎日摂取すべき食品になっています。

硬質小麦のパスタは、健康な食事に適した、手の届きやすい(価格の)食品です。

(地中海式ダイエットでは)硬質小麦のパスタは子どもの食事として推奨されています。

ソバ米とオーツフレーク

MAKFAのソバ米は、タンパク質量をより多く含みます(しかもグルテンフリー)。ソバ米のタンパク質は、栄養値が高くて、成分のバランスがとれています。他の穀物と比べてデンプンの量が少なく、さらに少ないのはオーツフレークしかありません。また、ソバ米やオーツフレークのでんぷんはほかに比べて少ないだけでなく、腸でよりゆっくりと吸収されるという特徴があります。硬質小麦のパスタにも似たような性質がありますが、そこまでではありません。穀物のなかで、ソバ米とオーツフレークは食物繊維が最も豊富で、他に比べて2-13倍の量を含みます。

トウモロコシ

グルテンフリー。現在の栄養学では、食物繊維やデンプンその他の多糖を豊富に含むトウモロコシの料理には、胃腸のはたらきを活性化し、消化やその他の食物の吸収を助ける作用のほか、生殖能力を維持する効果があるとされています。トウモロコシの粒(ゆでたもの、珍味としてのトウモロコシ)やトウモロコシの料理を食べると、胆のう、腎盤での停滞や石のリスクを一程度軽減します。

MAKFAのトウモロコシ米は、消化器官や内分泌腺の働きを調整し、心臓の筋肉や皮膚に栄養を補給し、呼吸器官、心臓、血管の活動を刺激し、血中のグルコース量を正常に保ち、目の角膜や網膜を正常にし、組織の再生を刺激し、町内での腐敗や発酵プロセスを抑えるカロチンをはじめとする、豊富なビタミンやミネラルの複合体を含みます。

トウモロコシや、トウモロコシを使った料理は、お子さまからお年寄りまで年齢を問わず、胃腸や呼吸器、心臓、血管、肝臓の病気、視力低下の時にも適しています。

現代の栄養学では、米はエネルギー源であるばかりか、チアミン (B1)、リボフラビン (B2)、ナイアシン (B3)、ビタミンE、亜鉛、カリウム、鉄分、食物繊維と、重要なビタミンやミネラルも含んでいる点に注目しています。米は炭水化物(100g当たり72,5g)とミネラル(カリウム70mg、カルシウム30mg、リン104mg)が他の穀類により群を抜いて豊富です。マンガンとビタミンPPが多いため、神経を患う患者の食餌には不可欠であり、適度なタンパク質、カリウム、鉄分、食物繊維も含みます。カリウムが多いのにナトリウムがほとんどないことも米の長所で、心臓・血管疾患や、水分と塩分の代謝が不調なとき、米が食餌療法で真価を発揮します。

米は、炭水化物が主にデンプンで多糖に属し、低カロリーかつ単糖より太りにくくなっています。米のでんぷんは、胃腸を整え、ビフィズス菌の増殖を助け、免疫系の機能も改善しています。

ひきわりオオムギ/精麦/オオムギ

聖書の時代からオオムギは、食物でありまた薬でもありました。古代エジプト、古代ギリシャ・ローマ、中世ヨーロッパ、そしてロシアでは今日にいたるまで、同じ症状に対してオオムギを使ってきました。

ロシアの民間療法では、今でも胃腸の不調、膀胱炎、腎盂炎、回虫症の時服用し、また病人食としても食べられています。

現在の栄養学では、太りすぎの人にオオムギの粥やスープを食べるよう推奨しています。消化・吸収がほぼされず、消化管の蠕動運動を活発にしてくれる食物繊維が豊富だからです。

オオムギは、噛みやすく健康な体が消化しやすいオーツ、小麦、ライ麦よりも栄養価が高いものです。オオムギを使った食餌は、肥満や便秘という胃腸の不調に加えて、膿皮症、乾癬、湿疹と、皮膚の病気にも効果的です。オオムギのお粥をつくるとき、とくに炊く前に水につけておくと、ぬめりが出るのですが、これが包み込んだり柔らかくしたり、抗炎作用を持つため、一部の消化器官の病気に効くのです。

オオムギの「悪玉コレステロール」を外に出す効能は、ヨーロッパでは前からつかわれています。ヨーロッパでは、パンやダイエット食品にオオムギの粉を使うほか、ソーセージ類でも大豆の代替に使用しています。

エンドウ豆

現在では、エンドウ豆の種にはビタミンやミネラル、食物繊維以外にも、浮遊アミノ酸や、必須アミノ酸が高濃度で凝縮された、化学成分的に見て動物性タンパク質に似たタンパク質があることがわかっています。だからエンドウ豆を使った料理は、貧血、衰弱、ミオパシー、体力低下、便秘その他内臓疾患に効果的とされています。

エンドウ豆は、イノシトールとコリンというビタミンに似た結合物で、アテローム性動脈硬化を積極的に予防する物質を含むので、動脈硬化の予防や総合的な療法に使われます。脳の血管の動脈硬化の予防には、生の種子にも収穫物としてのエンドウ豆に含まれるグルタミン酸も役割を発揮します。